術後一年

2017-08-10 術後1年23_R (3)

2016年7月17日。

これは

去年私が宮古病院に入院した日。

小さなノートに日記を付けた。

書き始めは7月20日。

それまではお腹が痛くて何もできなかったから。

2017-08-10 術後1年23_R (2)

今年の誕生日にこれを読み返してみた。

あ~~

あれからもう一年かぁ・・・って。

2017-08-10 術後1年23_R (1)

一日に何度も検温や血圧測ったり

看護師さんがそのたびに

トイレに行った回数を聞く。

ずっと点滴と下剤を飲んでいたので

聞かれても思い出せないくらいトイレに行っている。

だからこうしてメモっていた。

フフフ・・・おかしいね。

2017-08-10 術後1年23_R (6)

そして今日

8月10日が手術の日だった。

入院から24日目。

色々あって長かったわぁ。

午前9時前に手術室の前に

なすさんと看護師さんと一緒に歩いていく。

ほかにも手術を受ける人と家族とが何組かいる。

大きな扉が開くと

その向こうにまたいくつかの扉がある。

私は2番の手術室だったかな?

中に入って

「はい、このベッドに横になってくださいね~」

「麻酔打ちますよ~、チクっとしますよ~」

なんて言われているうちにもう意識がない。

名前を呼ばれて

気が付いたら

「はい、終わりましたよ~」

だって。

2017-08-10 術後1年23_R (4)

3時間ほどの手術。

なすさんは一度畑に戻って

オクラの収穫したリ

また病院へ行ったり、

近くの海岸に行って海を見ていたり。

「あの日はこの海岸は中国人観光客がいっぱいいたさぁ~~」

今日は人が少ないね。

2017-08-10 術後1年23_R (5)

手術を待つ家族の思いって

どんななんだろうねぇ。

私が逆の立場だったら

どうしていたでしょうかねぇ?

心配で心配でどうしようもなかったでしょうなぁ。

家族はみんな元気でいてほしいものだわぁ。



あれから一年。

色々生活変えて

考え方も変えて

毎日元気に暮らしている。

また一年

そしてまた一年

楽しく明るく過ごしましょうね~。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

手術を受ける気持ちも、その人を待つ気持ちも、私には想像しかできませんが、ぱりさんが今元気でいる、その事がとてもとても嬉しいです。

No title

りはさん、ありがとう。
こうして元気でいられるのも
りはさんのおかげですぅ~。
これからもいっしょに遊んでね。
お仕事のお手伝いも歓迎よ~。

FC2カウンター

プロフィール

ぱり

Author:ぱり
出身地:清水市
     (現在は静岡市清水区)
性 別:女
仕 事:農業

最新記事
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

nana mimi バナナ オクラ Beki ドラゴンフルーツ パッションフルーツ  グアバ 贈り物 バジル オーディオ アセロラ 食べ物 ジャム 調理器具 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム
管理人(ぱり)に直接連絡取りたい方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード